H30ダイオキシン類

H30 ダイオキシン類概論 問8

問題

ダイオキシン類の物理的・化学的性質に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ ダイオキシン類の物理的・化学的性質は,これらが排ガス中や環境中に存在するときの形態や環境中での挙動と密接な関係がある。

⑵ PCDDs の融点は,全体的に PCDFs よりも 50 ℃程度低い。

⑶ TeCDDs の蒸気圧は OCDD よりも高い。

⑷ 2,3,7,8‒TeCDD は,常温で無色の結晶であり,融点は 305 ~ 306 ℃の間にある。

⑸ 2,3,7,8‒TeCDD の log Kow は平均値 6.5 と報告されている。

解説

ダイオキシン類の融点は、以下のとおりPCDDsが一番高くなります。

PCDDs>PCDFs>PCBs

一般に分子量が大きい物質ほど融点が高い傾向にあり、ダイオキシン類も同様です。

PCDDsは酸素原子が多い分、分子量が大きいので、融点も高くなります。

解答 2

次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問9問題 2016(平成 28)年のダイオキシン類排出インベントリーに関する記述中,(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正し...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問7問題 ダイオキシン類問題の歴史的経緯に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。   1968(昭和 ...

目次へ戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/kougai-top/kougai-dxn-h30/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です