H29ダイオキシン類

H29 ダイオキシン類特論 問9

問題

製鋼用電気炉の排ガス及び集じんダストに関する記述として,正しいものはどれか。

⑴ 電気炉出口排ガスの組成及び温度は,操業中,ほぼ一定に保たれている。
⑵ 排ガス処理系統として,直引建屋単独方式と直引建屋合流方式が採用されているが,一般に前者のダイオキシン類濃度が低い傾向にある。
⑶ 集じんは,湿式電気集じん装置によるのが一般的である。
⑷ 集じんダストの粒径は,0.1 ~ 10 µm 程度のものが多い。
⑸ 集じんダスト中の鉄及び亜鉛のほとんどは,塩化物の形態で存在する。

 

解説

(1)炉内の温度や組成は、操業中に大きく変動します。

(2)合流方式の方が、ダイオキシン類濃度が低い傾向です。

(3)バグフィルターが一般的に用いられます。

(5)ダストの組成は、鉄や亜鉛は30%程度である一方、塩素は高くても10%程なので、ほとんど塩化物の形態とは言えません。

 


解答.

4


次の問題だよ~♪

H29 ダイオキシン類特論 問10問題 還元揮発法による製鋼用電気炉ダストからの亜鉛回収に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。 電気炉ダ...

前の問題だよ~♪

H29 ダイオキシン類特論 問8問題 鉄鉱石焼結プロセスにおける塩素成分の挙動及び状態に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 海風などで運ばれた塩類が...

目次に戻るよ~♪

H29 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-h29-dxn-tokuron-1/ https://pierre...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。