公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問5

問題

直方体の部屋(縦 7 m,横 6 m,高さ 4 m)で残響時間を測定すると,0.5 秒であった。この部屋の室定数は,約何 m2 になるか。ただし,セイビンの残響公式を用いて平均吸音率を求めるものとする。

⑴  9 ⑵ 19 ⑶ 38 ⑷ 76 ⑸ 152

解説

室定数Rとは、室の吸音性を表す数値で、以下の式で求めることが出来ます。

R=A/(1-α)=αS/(1-α)

A:等価吸音面積(S×α)

S:室の表面積

α:平均吸音率

 

セイビンの残響公式は、以下の式になります。

T=0.161V/αS

T:残響時間

V:室容積

この式に問題文の条件を代入します。

0.5=0.161×7×6×4/(α×2(42+24+28))

α=0.29

 

αと問題文の条件を室定数Rの式に代入します。

R=αS/(1-α)=0.29×2(42+24+28)/(1-0.29)=76.8

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問6問題 2 室間の間仕切壁が,透過損失値の異なる複数の部位で構成されている。i 番目の部位の面積と音の透過率をそれぞれ Si,τi とす...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問4問題 点音源とみなせる騒音源と,ある受音点との間に十分に長い遮音塀を設置し,500 Hz において 20 dB の減音量を得た。このと...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母