公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問4

問題

点音源とみなせる騒音源と,ある受音点との間に十分に長い遮音塀を設置し,500 Hz において 20 dB の減音量を得た。このとき,250 Hz の減音量は約何 dB か。ただし,塀からの透過,地表面での反射などの影響はないものとする。

⑴ 14 ⑵ 17 ⑶ 20 ⑷ 23 ⑸ 26

解説

障壁による減衰量Rの近似式は、そこまで頻出とは言えません。

R=10logN+13

減衰量は、フレネル数と呼ばれるNの関数になっています。

フレネル数は、経路差を半波長で割ったものです。

この式から、経路差が大きくなるほど、減衰量も大きくなることは重要なので、必ず覚えてください。

 

上記の減衰量の近似式を覚えていれば、以下のように解くことが出来ます。

R=10logN+13

Nはフレネル数と呼ばれ、経路差δを半波長λ/2で割ったものです。

N=δ/(λ/2)

c=λfから、λ=c/fを代入します。

N=2δf/c

音速c=340m/sを代入します。

N=δf/170

 

500Hzのときの減衰量は20dBなので、フレネル数をN500として、減衰量Rの式に代入します。

20=10logN500+13

7=10logN500

0.7=logN500

対数表から、N500=5.01が求まります。

 

フレネル数の式にN500を代入し、経路差δを求めます。

5.01=δ×500/170

δ=1.7

 

音源と受音点は周波数が変わっても同じなので、この経路差δ1.7から、250Hzの場合のフレネル数N250を求めます。

250=1.7×250/170=2.5

 

これを減衰量Rの式に代入します。

R=10log2.5+13=10×0.398+13=3.98+13≒17dB

なお、対数表からlog2.5は0.398です。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問5問題 直方体の部屋(縦 7 m,横 6 m,高さ 4 m)で残響時間を測定すると,0.5 秒であった。この部屋の室定数は,約何 m2 ...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問3問題 下図のような干渉形消音器に関する記述中,(ア)~(ウ)の の中に入る語句の組合せとして,正しいものはどれか。 この...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母