H30騒音・振動

H30 騒音・振動特論 問11

問題

騒音の測定機器に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ JISC1516〝騒音計-取引又は証明用〟では,校正方法として音響校正のみを認めている。

⑵ 騒音計の検定の有効期間は5年である。

⑶ 現在の騒音計は,主にコンデンサマイクロホンを使用している。

⑷ 1/3オクターブバンド分析器のフィルタでは,中心周波数と通過帯域幅との比が一定である。

⑸ レベルレコーダの検定の有効期間は3年である。

解説

レベルレコーダは計量法上で検定の有効期限の規定はありません。

解答 5

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問12問題 ある地点の騒音は,20秒を周期として,80dBの騒音レベルが5秒間継続する間欠騒音と,騒音レベルが74dBの定常騒音とからなる。...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問10問題 JISC1509-1に規定されるサウンドレベルメータ (騒音計)についての記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 音響校...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です