H30騒音・振動

H30 騒音・振動特論 問23

問題

金属ばねに関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ ばねの種類には,重ね板ばね,コイルばね,皿ばねがある。

⑵ 固有振動数が1~10Hz程度の範囲で,弾性支持用ばねとして設計できる。

⑶ 一般に,金属ばねは3軸方向のばね定数を任意に設計することができる。

⑷ ばね1個の支持荷重は,10^-2 ~10^5 Nまでの広範囲で選択できる。

⑸ 耐環境性や耐久性は,防振ゴムに比べて優れている。

解説

金属ばねは、1方向の防振に設計されています。

解答 3

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問24問題 工場内のある機械を対象に振動レベルを10回繰り返し測定して下表を得た。振動レベルのパワー平均は約何dBか。 測定回...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問22問題 防振ゴムに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 1個の防振ゴムで1方向だけでなく他の方向の振動絶縁にも有効である...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です