公害防止管理者

H30 騒音・振動特論 問27

問題

振動規制法における振動レベルの決定に関する記述として,正しいものはどれか。

⑴ 測定器の指示値の変動が10dB以上の場合,その指示値の中央値とする。

⑵ 測定器の指示値が周期的に変動する場合,その変動ごとの指示値の最大値の平均値とする。

⑶ 測定器の指示値が間欠的に変動する場合,測定値の80パーセントレンジの上端の数値とする。

⑷ 測定器の指示値が不規則かつ大幅に変動する場合,測定値の90パーセントレンジの上端の数値とする。

⑸ 道路交通振動の場合,測定値の時間平均振動レベルとする。

解説

(1)変動の大きさにより決定方法が変わることはありません。

おそらく、問題文の10デシベルは暗振動の関係で出てくる数値だと思います。

暗振動との差が10デシベル以上の場合は、補正する必要がありません。

(2)問題文のとおりです。

(3) (2)と同様に測定器の指示値が間欠的に変動する場合も,その変動ごとの指示値の最大値の平均値とします。

(4) 測定器の指示値が不規則かつ大幅に変動する場合,測定値の80パーセントレンジの上端の数値とします。

問題文の90パーセントレンジは騒音の場合です。

(5)道路交通振動は、80パーセントレンジの上端の数値を時間区分ごとに平均して求めます。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問28問題 固有振動数5Hz,減衰比0.3で工場機械の弾性支持による防振対策を行い,対策前後で,工場の敷地境界線上で振動加速度を測定した。下...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問26問題 振動レベル計を周波数16Hz,変位振幅100µmの正弦振動で校正したところ,振動レベル計の指示値は振動レベルで91dBであった。...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母