公害防止管理者

H30 騒音・振動特論 問8

問題

容積V(m3)の空洞に,長さl(m),内断面積S(m^2)の管を取り付けたヘルムホルツの共鳴器の固有周波数を表す式はどれか。ただし,c(m/s)は音速であり,開口端補正は無視する。

 

解説

ヘルムホルツの共鳴器の固有周波数を求める問題は過去問でほとんど見たことがないので、知らなければ手も足も出ない問題と思います。

しかし、選択肢にある式の単位から正解を導き出すことが可能です。

まず、選択肢の各式に共通するのは、c/2πです。

cは速度なので、単位はm/sとなります。

一方で正解の式は固有周波数を求める式なので、単位はHzつまり/sとなることが推測できます。

これらから、選択肢の式のルートの単位がm^‐1となれば、全体で/sとなります。

選択肢の式のルートの単位をそれぞれ考えます。

(1) (m^3×m^2/m)^(1/2)→m^2

(2) (m^3/m^2×m)^(1/2)→×

(3) (m^2×m/m^3)^(1/2)→×

(4) (m^2/m^3×m)^(1/2)→m^‐1

(5) (m^3×m/m^2)^(1/2)→m

以上から選択肢4が正解であると推測できます。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問9問題 遮音材料の構造及びその遮音特性に関する説明として,誤っているものはどれか。 ⑴ 密実な一重構造では,明確なコインシデンスの...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問7問題 吸音機構に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 多孔質材料の吸音率は,低音域に比べて高音域で大きくなる。 ...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母