R2騒音・振動

R2 騒音・振動特論 問17

問題

振動対策等に関する記述として,最も不適当なものはどれか。

⑴ 振動源に対する対策として,主に弾性支持が用いられる。

⑵ 印刷機械や織機の場合には,弾性支持の機構そのものが好ましくないことから,基礎や距離減衰を利用した対策が多い。

⑶ 合成樹脂用射出成形機や空気圧縮機の場合には,共通架台を作りその上に施設を設置し対策を行うことが多い。

⑷ 伝搬経路対策として,振動遮断溝の有効性が広く認められている。

⑸ 大きな振動が発生する作業の場合には,事前に住民説明することも一つの対策である。

解説

振動遮断溝は、効果がほとんど期待できません。

解答 4

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問18問題 質量 500 kg の機械をばね定数 500 kN/m のばねを介して弾性支持したが,設計を誤り,機械の運転時に共振状態となった...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問16問題 JIS Z 8731:2019“環境騒音の表示・測定方法”に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ この規格は,I...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です