公害防止管理者

R1 騒音・振動概論 問13

問題

下表は、ある工場従業員の聴力測定結果であるが、1000Hz及び4000Hzの欄が汚損して値を読み取れなくなってしまった。四分法平均聴力レベルが15dB、新四分法平均聴力レベルが20dBであったとき、1000Hz及び4000Hzの聴覚閾値レベル(dB)の組合せとして、正しいものはどれか。 ここで、四分法平均聴力レベルは身体障害者福祉法で用いられる通常の評価法であり、新四分法平均聴力レベルは日本聴覚医学会が推奨する新評価法である。

周波数(Hz) 125 250 500 1000 2000 4000 8000
聴覚閾値レベル(dB) 15 10 10 20 20

1000Hz 4000Hz
⑴ 5  45
⑵ 10  40
⑶ 15  35
⑷ 20  30
⑸ 25  25

解説

500Hz、1000Hz、2000Hz、4000HzをそれぞれA、B、C、Dとしたとき、それぞれ以下のように計算します。

・四分法平均聴力レベル (A+2B+C)/4

・新四分法平均聴力レベル (A+B+C+D)/4

問題文にはありませんが、他にもこのようなものがあるので、ついでに覚えておきましょう。

・三分法平均聴力レベル (A+B+C)/3

・六分法平均聴力レベル (A+2B+2C+D)/6

正解.3

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母