公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問16

問題

JIS Z 8731:2019“環境騒音の表示・測定方法”に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ この規格は,ISO 1996‒1 及び ISO 1996‒2 を基にした日本産業規格である。

⑵ 単発騒音暴露レベルは,現象時間が限られている単発性の騒音のエネルギー的な総量を評価するための量である。

⑶ 総合騒音は,ある場所におけるある時刻の総合的な騒音である。

⑷ 背景騒音は,総合騒音からすべての特定騒音を除いた残りの騒音である。

⑸ 屋外における測定において,反射の影響を無視できる程度に小さくすることが必要な場合には,可能な限り,地面以外の反射物から 3.5 m 以上離れた位置で測定する。

解説

総合騒音からすべての特定騒音を除いた残りの騒音は、残留騒音です。

ある一つの特定騒音に着目した場合,それ以外の全ての騒音は、背景騒音(暗騒音)です。

 

とある工場の騒音を測定する場合を考えてみます。

・総合騒音…工場の音とその周りの工場以外の音

・特定騒音…工場の音、工場以外の音の内、自動車や鳥のさえずりなど音源が明確であるもの

・暗騒音…工場以外の音

工場の規制は、総合騒音から暗騒音の影響を差し引いて判断されます。

これらの用語の定義はよく出題されますので、覚えておきましょう。

解答 4

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問17問題 振動対策等に関する記述として,最も不適当なものはどれか。 ⑴ 振動源に対する対策として,主に弾性支持が用いられる。 ...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問15問題 騒音源の音響パワーレベル及び音響パワーレベルの測定方法(JIS Z 8732 ~8734)に関する記述として,誤っているものはど...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母