公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問2

問題

下図の干渉形消音器において,伝達損失が最も小さい周波数(Hz)はどれか。ただし,消音器内は常温(15 ℃)であり,断面 S の寸法はいずれの周波数の音波の波長に対しても十分に小さいものとする。また,l 1 = 2.7 m,l2 = 1.7 m とする。

⑴ 85

⑵ 170

⑶ 255

⑷ 340

⑸ 425

解説

音などの波動の干渉は、波長が半分ずれると互いに打ち消し合います。

一方、波長がずれない場合(位相が重なっている場合)は、そのまま重なり強い波になります。

この問題では、伝達損失が最も小さい場合を聞いているので、波長が重なる場合を考えます。

 

経路差は、l1-l2=2.7-1.7=1.0mとなります。

つまり、ちょうど波長が1.0mであれば、l1とl2をとおった音が重なり合います。

常温のとき、音速は340m/sなので、波長1mから、周波数は340Hzとなります。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問3問題 音波の距離減衰特性に関する記述として,誤っているものはどれか。ただし,DD は倍距離(Double Distance)を表す。 ...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問1問題 入口と出口の管径が等しい膨張形消音器を騒音対策に用いる。仕様として最大の伝達損失が 15 dB 以上となるように要求されていると...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母