R5騒音・振動

R5 騒音・振動概論 問13

問題

騒音の影響に関する記述として,誤っているものはどれか。

(1) 聴取妨害は,騒音性難聴の進んだ人だけに起こる。

(2) 心理的影響には,感覚的影響と情緒的影響(妨害)がある。

(3) 睡眠妨害は,夜間覚醒,睡眠深度妨害などである。

(4) 生活妨害は,日常生活における聴取,睡眠,仕事などへの妨害である。

(5) 生理的影響は,自律神経系と内分泌系への影響に分けられる。

解説

騒音性難聴は、大きな音を聞き続けることにより難聴になることを指します。

その他の難聴として老人性難聴もあり、これによっても聴取障害は起こります。

 


解答.

1


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問14問題 音の強さ,音圧,音圧レベルに関する記述として,誤っているものはどれか。 (1) 聴力の正常な人が耳で聞くことができる音圧の範囲...

前の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問12問題 聴力検査に関する記述として,誤っているものはどれか。 (1) 聴力検査に使用される機器は,オージオメータと呼ばれる。 (2)...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-gairon-1/ https:...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です