H28騒音・振動

H28 騒音・振動概論 問1

問題

騒音に係る環境基準に関する記述として,誤っているものはどれか。 

 

 基準値は,地域の類型及び時間の区分ごとに定められている。時間区分は, 昼間及び夜間の 2 区分であり,昼間を午前 6 時から午後 8 時までの間としてい る。 

 類型を当てはめる地域は,都道府県知事(市の区域内の地域については,市 長。)が指定する。 

 地域の類型は,療養施設,社会福祉施設等が集合して設置される地域など 特に静穏を要する地域,専ら住居の用に供される地域,主として住居の用 に供される地域,相当数の住居と併せて商業,工業等の用に供される地域に 分類される。 

 専ら住居の用に供される地域に係る騒音の環境基準値は,昼間 55 デシベル 以下,夜間 45 デシベル以下である。 

 騒音の測定は,計量法第 71 条の条件に合格した騒音計を用いて行うものと し,周波数補正回路はA特性を用いる。 

解説

環境基準の時間区分は、は昼間を午前 6 時から午後 10 時までの間としています。


解答.

1


次の問題だよ~♪

H28 騒音・振動概論 問2問題 騒音規制法に定める特定施設の変更の届出を必要とする場合はどれか。  ⑴ 製管機械を 5 台から 4 台に減らす。 ...

目次に戻るよ~♪

H28 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-h28-souon-shindou-gairon-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です