R5騒音・振動

R5 騒音・振動概論 問21

問題

公害振動の生理的影響に関する記述として,不適当なものはどれか。

(1) 一般に生理的影響は,交感神経が興奮した結果として出現する。

(2) 睡眠深度ステージIでは,振動レベル 65 dB で覚醒率は約 70 %といわれて

いる。
(3)
睡眠深度ステージIIIでは,振動レベル 79 dB でも覚醒率は半分以下といわれている。

(4) 公害として問題となるような振動に人体が暴露された場合,生理的影響より心理的影響のほうが強く現れる。

(5) 人体に睡眠妨害以外の有意な生理的影響が出始めるのは,振動レベルでほぼ75 dB からといわれている。

解説

人体に睡眠妨害以外の有意な生理的影響が出始めるのは,振動レベルでほぼ90dB からといわれています。

 


解答.

5


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問22問題 振動の性質に関する記述として,誤っているものはどれか。 (1) 振動量が時間の正弦関数で表される振動を単振動又は正弦振動という...

前の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問20問題 振動公害及び振動規制法に関する記述として,誤っているものはどれか。 (1) 振動規制法では,全身振動を対象としている。 (2...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-gairon-1/ https:...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です