R1騒音・振動

R1 騒音・振動概論 問24

問題

1自由度振動系の振幅倍率(変位振幅倍率)に関する記述として、誤っているものはどれか。

⑴ 振幅倍率の最大値は、減衰比の大きさにより異なる値となる。

⑵ 減衰比が0で振動数比が1のときには、振幅倍率は無限大となる。

⑶ 減衰比 g が十分小さいときは、振幅倍率の最大値は2 g と近似できる。

⑷ 振動数比が0に近づくと、振幅倍率は1に近づく。

⑸ 減衰比が0.2と0.1では、振幅倍率の最大値は、減衰比0.1の方が大きい。

解説

減衰比が十分小さいとき、選択肢2のとおり、共振状態になり振幅倍率は無限大になります。振動数比により振動倍率も大きく変化することから、単純に減衰比の2倍と近似はできません。

正解.3

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です