公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問20

問題

ある機械が発生している地盤振動の振動レベルを測定して,下表に示すAとBの 2 通りの方法で振動の距離減衰を推定する。この 2 通りの推定方法による機械から 2 m 以遠の地点における振動レベルに関する記述として,正しいものはどれか。

推定方法 機械から 1 m 離れた地点の振動レベル(dB) 幾何減衰係数 地盤の内部減衰係数
70 1 0
70 0.5 0.04

 

⑴ 距離に関係なくAの方法による振動レベルが常に大きい。

⑵ 距離に関係なくBの方法による振動レベルが常に大きい。

⑶ Aの方法では,距離を対数軸上に図示すると,振動レベルは距離の増加とともに直線的に減衰する。

⑷ Bの方法では,距離を対数軸上に図示すると,振動レベルは距離の増加とともに直線的に減衰する。

⑸ Aの方法による振動レベルと B の方法による振動レベルが同じ大きさになる距離は存在しない。

解説

振動の距離減衰は、以下の式で求められます。

L=L0-20nlogr/r0-8.7λ(r-r0)

L:ある距離での振動レベル

0:基準点からの振動レベル

n:幾何減衰係数

r:加振点からの距離

0:加振点から基準点までの距離

λ:内部減衰係数

 

この式から、地点A、Bでの振動レベルL、Lをそれぞれ求めます。

=70-20logr

=70-10logr-0.348(r-1)

 

(1)この問題では2m以遠と問われています。

そこで、一番近い2mでの振動レベルを求めます。

A2=70-20log2=70-20×0.3=64

B2=70-10log10-0.348×1=67

Bの方が大きいので、間違いであることがわかります。

(2)LとLに入っている距離の項について、考えてみます。

rとlogrの大小は、rが大きくなるほど、差が大きくなります。

例えば、r=10ならlog10=1ですが、r=100ならlog100=log102=2のように差が開きます。

これを踏まえて、LとLの式を見ますと、rが大きくなる時にLの方が小さくなることが予想されます。

試しに、r=100のときを求めます。

A100=70-20log100=70-40=30

B100=70-10log100-0.348×99=50-34=16

Aの方が大きいので、間違いであることがわかります。

(3)Lの式は、対数の項だけなので、対数軸にプロットすれば、直線的に減少します。

(4)Lの式は、対数と1次の項が含まれるので、対数軸にプロットしても、直線的な変化はしません。

(5)(1)と(2)から、初めはLの方が大きく、次第にLの方が大きくなりますので、逆転する距離で等しくなります。

解答 3

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問21問題 地表の 1 点を加振して広がる波動の距離減衰に関する記述として,誤っているものはどれか。ただし,地盤は半無限の均質な弾性体とする...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問19問題 質量 1000 kg で毎分 600 回転している回転機械があり, 1 回転に 1 回の割合で鉛直方向の正弦加振力を発生している...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母