公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問21

問題

地表の 1 点を加振して広がる波動の距離減衰に関する記述として,誤っているものはどれか。ただし,地盤は半無限の均質な弾性体とする。

⑴ 波動の距離減衰は,幾何減衰と内部減衰を含む式で表される。

⑵ 地盤の内部減衰係数は,伝搬速度に反比例する。

⑶ 内部減衰量は,振動源から離れるに従って大きくなる。

⑷ 実体波の振幅は,表面波のそれに比べて距離による減衰が大きい。

⑸ 表面波は,内部減衰が無視できる場合には,10 倍の距離で 20 dB 減少する。

解説

振動の距離減衰は、以下の式で求められます。

L=L0-20nlogr/r0-8.7λ(r-r0)

L:ある距離での振動レベル

0:基準点からの振動レベル

n:幾何減衰係数

r:加振点からの距離

0:加振点から基準点までの距離

λ:内部減衰係数

 

(1)上記の式で、logの項が幾何減衰、8.7λの項が内部減衰となります。

(2)λ=2πfh/V

f:振動数

h:土の内部減衰定数

V:伝搬速度

この関係式から、速度の反比例していることがわかります。

しかし、内部減衰係数の関係式まで覚えることは大変だと思うので、個人的には他の選択肢から正解を絞った方が良いと思います。

(3)内部減衰の項を見てのとおり、距離に従って減衰が大きくなります。

(4)幾何減衰係数nについて、表面波は0.5、実体波は1.0となります。

つまり、幾何減衰の項について、実体波の減衰が大きいことになります。

(5)表面波(n=0.5)で内部減衰が無視できる(λ=0)のときの距離減衰は、以下のとおりとなります。

L=L0-10logr/r0

距離が10倍(r→10r)の減衰を求めます。

-L10r=-10logr/r0+10log10r/r0=10log10r/r=10dB

解答 5

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問22問題 空気ばねに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 空気を封入する容器をタイヤコードなどによる補強層を内蔵したゴム膜...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問20問題 ある機械が発生している地盤振動の振動レベルを測定して,下表に示すAとBの 2 通りの方法で振動の距離減衰を推定する。この 2 通...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母