公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問3

ぱっと読める目次
  1. 問題
  2. 解説

問題

下図のような干渉形消音器に関する記述中,(ア)~(ウ)の の中に入る語句の組合せとして,正しいものはどれか。

この消音器は長さがそれぞれ l1,l2(m)の二つの通路をもち,その伝達損失は波長λ(m)について l1 – l2 =(ア)を満足する周波数 f(Hz)で最も大きくなる。したがって,周波数 f において最大の伝達損失を得るためには,l2 = l1 -(イ)にすればよい。ここで,c(m/s)は音速である。なお,通路の断面寸法は,音波の波長に比較して十分に(ウ)することが必要である。

(ア)―(イ)―(ウ)

⑴ 2λ―c/2f―小さく

⑵ 2λ―2f/c―大きく

⑶ 2λ―2f/c―小さく

⑷ λ/2―2f/c―大きく

⑸ λ/2―c/2f―小さく

解説

(ア)

音などの波を重ね合わせた場合、それぞれの波の高さを足したものが合計になります。

また、音などの一般的な波は正弦波と呼ばれ、半波長λ/2で上下を繰り返しています。

つまり、半波長ずれた波は、高さの上下が真逆になります。

経路の長さを調節して、半波長ずれた状態の音を重ねることが出来れば、ちょうど打ち消し合うことができます。

(イ)

音速c、波長λ、周波数fは、以下の関係があります。

c=λf→λ=c/f

これを、(ア)の式に代入します。

l1 – l2 =λ/2=c/2f

l2 =l1-c/2f

(ウ)

経路の断面が極端に大きいことを考えると、音が広がってしまい、ちょうど半波長ずれた状態で重ね合うことが難しくなります。

解答 5

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問4問題 点音源とみなせる騒音源と,ある受音点との間に十分に長い遮音塀を設置し,500 Hz において 20 dB の減音量を得た。このと...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問2問題 下図のようにダクトの断面積が S1,S2(m2)に変化し,膨張部の長さがl(m)の膨張形消音器がある。その伝達損失が最大となる周...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母