H30ダイオキシン類

H30 ダイオキシン類概論 問7

問題

ダイオキシン類問題の歴史的経緯に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 1976(昭和 51)年イタリア・セベソのイメクサ社農薬工場で爆発事故があり,約 120 kg のダイオキシン類が環境に排出されたと推定されている。

⑵ 1977(昭和 52)年にオランダの都市ごみ焼却炉のフライアッシュからダイオキシン類が検出された。

⑶ 1978(昭和 53)年に起きた米国ニューヨーク州のラブキャナル廃棄物埋立地のダイオキシン類汚染は,産業廃棄物の不適切な処分が引き起こした事件である。

⑷ 1979(昭和 54)年に我が国でも都市ごみ焼却炉のフライアッシュからダイオキシン類が検出された。

⑸ 1985(昭和 60)年には,オランダにおいて都市ごみ焼却炉建設のモラトリアム(一時凍結)が実施された。

解説

1985(昭和 60)年に都市ごみ焼却炉建設のモラトリアム(一時凍結)が実施されたのは、スウェーデンです。

その他の選択肢に記載されることもよく問われるので、覚えておきましょう。

解答 5

次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問8問題 ダイオキシン類の物理的・化学的性質に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ PCDDs,PCDFs の蒸気圧は,分...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問6問題 ダイオキシン類に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 「ダイオキシン類」とは,PCDDs,PCDFs 及びコプラ...

目次へ戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/kougai-top/kougai-dxn-h30/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です