H30ダイオキシン類

H30 ダイオキシン類特論 問17

問題

ダイオキシン類測定分析方法の内標準法に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 13C 又は 37Cl で標識した内標準物質を使用する。
⑵ サンプリングスパイク内標準物質は,試料採取から抽出前までの操作の結果を確認するために使用される。
⑶ クリーンアップスパイク内標準物質は抽出からクリーンアップまでの前処理操作全体の結果を確認し,ダイオキシン類を定量するための基準とするために使用される。
⑷ GC/MS への試料液の注入を確認するためにシリンジスパイク内標準物質を添加する。
⑸ 試料中のシリンジスパイク内標準物質のピーク面積が,標準液におけるシリンジスパイク内標準物質のピーク面積の 60 %以上でなければならない。

 

解説

回収率について、以下のように定められています。
サンプリングスパイク内標準物質の回収率:70~130%
クリーンアップスパイク内標準物質の回収率:50~120%

 


解答.

5


次の問題だよ~♪

H30 ダイオキシン類特論 問18問題 ダイオキシン類測定分析方法の検出下限及び定量下限に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ ダイオキシン類の測定は,...

前の問題だよ~♪

H30 ダイオキシン類特論 問16問題 “クロロベンゼン類の製造プロセスに関する記述中,下線を付した箇所のうち, 誤っているものはどれか。 (1)鉄触媒等の存在...

目次に戻るよ~♪

H30 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-h30-dxn-tokuron-1/ https://pierre...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。