H30騒音・振動

H30 騒音・振動概論 問11

問題

周波数が500Hzで音圧レベルが60dBの純音がある。騒音レベルがこの純音と等しく,周波数が250Hzの純音の音圧レベルは約何dBか。

⑴ 57

⑵ 60

⑶ 63

⑷ 66

⑸ 69

解説

500HzのA特性補正は-3dBなので、500Hzの純音が60dBの騒音レベルは60-3=57dBとなります。

250HzのA特性補正は-9dBであり、問題文で250Hzと500Hzの騒音レベルが等しいとなっています。

250Hzで騒音レベル57dBを純音の音圧レベルにすると、57+9=66dBとなります。

A特性補正については、公害防止管理者騒音振動関係の計算問題に必須の知識のまとめをご覧ください。

公害防止管理者 騒音・振動関係の計算問題 公式まとめ周波数f(Hz)、周期T(s) f=1/T 音速c(m/s)、周波数f(Hz)、波長λ(m) c=f×λ 角周波数ω(rad/s...

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問12問題 難聴に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 一過性閾 いき値上昇とは,騒音に暴露されて一時的に聴力が低下した状態...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です