H30騒音・振動

H30 騒音・振動概論 問24

問題

振動及び波動に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 振動数f(Hz)の正弦振動の角振動数は,2πf(rad/s)である。

⑵ 振動数fの正弦振動の周期は,1/f(s)である。

⑶ 変位振幅A(m)の正弦振動の実効値は,A/ √2(m)である。

⑷ 波長 λ(m),伝搬速度c(m/s)の正弦振動の振動数は,λ/c(Hz)である。

⑸ ある時刻において,変位振幅A,波長m の波動の位置x(m)における変位は,Asin(2π×x/λ+φ) (m)と書ける。ただし,φ(rad)は,位置 x =0における位相角である。

解説

振動数Hzはs^-1(1/s)の単位を持ちます。

振動数をfとすると、c=f×λ→f=c/λとなります。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問25問題 1自由度の振動系の振動に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 物体が n 個のばねで直列に支持されている場合,全...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問23問題 正弦振動の振動レベルの大小関係として,誤っているものはどれか。ただし, 振幅は実効値とする。 ⑴ 加速度振幅: 1cm/s...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です