R1ダイオキシン類

R1 ダイオキシン類概論 問13

問題

図で表されるクロロフェノールの 2 分子縮合反応により,最も生成しやすいと考えられるダイオキシン類はどれか。

 

 

⑴ 2,3,7, 8TeCDD

⑵ 1,3,7, 9TeCDD

⑶ 3,4,6,7, 8PeCDD

⑷ 1,3,4,6,8, 9HxCDD

⑸ 2,3,3′ ,4,4′ ,5HxCB

解説

縮合反応とは、2つの分子にある置換基から簡単な化合物が抜け、2つの分子が結合することを言います。

この問題のように、置換基の塩素と水酸基の場合は、塩化水素が外れて酸素を介して結合する様な反応が置きます。

R-OH + Cl-R’ → R-O-R’ + HCl

問題文の化合物は、この反応が下図のように2箇所同時に起きます。

反応の結果PCDDsとなり、4つの塩素の置換位置は2、3、7、8なので、2,3,7, 8TeCDDとなります。

解答 1

 

次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問14問題 ディーコン(Deacon)反応に関する記述として,正しいものはどれか。 ⑴ 高温で無機塩化物から塩素原子が離脱する反応 ...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問12問題 以下に示すダイオキシン類のうち,分子量が一番大きいものはどれか。 ただし,塩素,酸素,炭素,水素の原子量は,それぞれ 35...

目次へ戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類概論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-gairon-1/ https://pierre-u...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です