R1ダイオキシン類

R1 ダイオキシン類特論 問7

問題

活性コークスに関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

発電所や(1)製鉄所などの排ガス処理に適用されている炭素質材料で,比表面積はおおむね (2)20 ~ 40 m2/g と活性炭の数分の 1 程度である。一部は,(3)140 ℃程度の排ガスの(4)脱硫及び(5)脱硝に適用されている。

 

解説

活性コークスの比表面積は、200~400m2/gです。
活性炭の500~1200m2/gに比べると小さいですが、安価なため、発電所などのガス量が大きい施設で使用されます。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問8問題 吸着処理に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 物理吸着した分子は,化学吸着した分子より容易に表面から脱離する。...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問6問題 排ガス中のダイオキシン類の触媒処理に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 酸化バナジウム系触媒が実用化されている...

目次に戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-tokuron-1/ https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。