公害防止管理者

R1 騒音・振動概論 問21

問題

⑴ 振動規制法では、鉛直振動のみで規制しています。

⑵ 振動規制法では,規制基準として振動加速度レベルで規制しています。

⑶ 間接的でも直接的でも振動公害といえます。

⑷ 問題文のとおりです。直接的に振動を感じたり、問題文3のように間接的に振動を感じたりする総合的な感覚として認識されます。

⑸ 建物の共振などにより、増幅されることもあります。

解説

⑴ 振動感覚閾値(振動があるとわかる最小レベル)は、55dB程度です。

⑵ 睡眠が浅いほど、小さい振動レベルで生じます。

⑶ 問題文のとおりです。

⑷ 電灯の揺れなどから振動に気づくことが多くあります。

⑸ 建屋の上階ほど、水平方向の振動が大きくなります。

正解.3

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母