公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問13

問題

騒音レベルの測定に関する記述として、不適当なものはどれか。

⑴ 対象とする騒音と暗騒音とのレベル差が10dB以上あるときは、測定値に対する暗騒音の影響はほぼ無視できる。

⑵ 作業者の聴力保護に関しては、作業者の耳の位置を騒音レベルの測定位置とすることが多い。

⑶ 騒音の屋外伝搬では気象条件等の影響を受けるので、遠方の測定点では、それによる騒音レベルの変化の有無を確認することが望ましい。

⑷ JISZ8731(建物の内部における測定)によると、特に指定がない限り、壁その他の反射面から1m以上離れ、騒音の影響を受けている窓などの開口部から約1.5m離れた位置で、床上1.2~1.5mの高さで測定する。

⑸ JISZ8731(建物の周囲における測定)によると、建物に対する騒音の影響の程度を調べる場合には、特に指定がない限り、対象とする建物の騒音の影響を受けている外壁面から3.5m以上離れ、建物の床レベルから1.2~1.5mの高さで測定する。

解説

JISZ8731によると、外壁面から1〜2 m離れた位置で測定するとなっています。

正解.5

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母