公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問14

問題

稼働中のある機械について、1時間の等価騒音レベルを連続して8回測定して、下表を得た。この8時間の等価騒音レベルは約何dBか。

測定回 1 2 3 4 5 6 7 8
等価騒音レベル(dB) 78 81 75 73 80 76 83 77

⑴ 73

⑵ 75

⑶ 77

⑷ 79

⑸ 81

解説

等価騒音レベルは、騒音レベルの合計から10logn(nは測定回数)を引いて求められます。

デシベル差と和から、騒音レベルの合計を求めます。 

レベル差(dB) 0~1 2~4 5~9 10~
補正値(dB) 3 2 1 0

1回目+2回目=78+81=83dB

83dB+3回目=83+75=84dB

84dB+4回目=84+73=84dB

84dB+5回目=84+80dB=86dB

86dB+6回目=86+76dB=86dB

86dB+7回目=86+83dB=88dB

88dB+8回目=88+77dB=88dB

測定回数は8回なので、10log8=10×0.3=9を引いて、

88-9=79dBが求まります。

デシベル差と和については、公害防止管理者の騒音振動関係国家試験で頻出なので、必ず覚えておきましょう。

正解.4

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母