公害防止管理者

R2 騒音・振動概論 問18

問題

振動公害に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 振動問題への対応では,人の感覚を考慮した評価が行われる。

⑵ 規制基準等より小さい振動レベルでも,振動に対する苦情は発生する。

⑶ 振動公害は,物的被害に起因するものが主である。

⑷ 振動公害の影響は,局所的である。

⑸ 長期的な振動公害防止対策として,振動源と住居を分離するなど,土地利用の適正化を図ることが重要である。

解説

振動公害は、振動を感じることや家具・建具がぐらつくことによる感覚的な公害です。

物的な被害が生じるほどの大きな振動が発生することはほとんどありません。

解答 3

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問19問題 振動公害の現状に関する記述として,誤っているものはどれか(総務省公害等調整委員会,公害苦情調査結果報告書による)。 ⑴ 2...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問17問題 ある場所で測定した騒音をオクターブバンド分析したところ,下表の結果を得た。この音の騒音レベルは,約何 dB か。 ...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母