R2騒音・振動

R2 騒音・振動概論 問19

問題

振動公害の現状に関する記述として,誤っているものはどれか(総務省公害等調整委員会,公害苦情調査結果報告書による)。

⑴ 2013(平成 25)年度から 2017(平成 29)年度の振動公害苦情受付件数は,2000件弱で推移している。

⑵ 移動発生源に係る苦情は,主に自動車運行と鉄道運行を対象としたものである。

⑶ 振動の被害の発生地域としては,住居地域が最も多く,次いで準工業地域,商業地域の順で苦情件数が多い。

⑷ 振動の主な発生源別苦情件数の構成比において,製造業が占める割合は,近年増加傾向にある。

⑸ 振動公害の発生原因としては,工事・建設作業の苦情件数が最も多い。

解説

振動の主な発生源別苦情件数のうち、製造業は毎年100前後を推移しています。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問20問題 振動公害の発生源に関する記述として,誤っているものはどれか(環境省,2015(平成 27)年度から 2017(平成 29)年度の...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問18問題 振動公害に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 振動問題への対応では,人の感覚を考慮した評価が行われる。 ...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です