公害防止管理者

R2 騒音・振動概論 問19

問題

振動公害の現状に関する記述として,誤っているものはどれか(総務省公害等調整委員会,公害苦情調査結果報告書による)。

⑴ 2013(平成 25)年度から 2017(平成 29)年度の振動公害苦情受付件数は,2000件弱で推移している。

⑵ 移動発生源に係る苦情は,主に自動車運行と鉄道運行を対象としたものである。

⑶ 振動の被害の発生地域としては,住居地域が最も多く,次いで準工業地域,商業地域の順で苦情件数が多い。

⑷ 振動の主な発生源別苦情件数の構成比において,製造業が占める割合は,近年増加傾向にある。

⑸ 振動公害の発生原因としては,工事・建設作業の苦情件数が最も多い。

解説

振動の主な発生源別苦情件数のうち、製造業は毎年100前後を推移しています。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問20問題 振動公害の発生源に関する記述として,誤っているものはどれか(環境省,2015(平成 27)年度から 2017(平成 29)年度の...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問18問題 振動公害に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 振動問題への対応では,人の感覚を考慮した評価が行われる。 ...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母