公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問15

問題

騒音源の音響パワーレベル及び音響パワーレベルの測定方法(JIS Z 8732 ~8734)に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 音響パワーレベルは,音源から放射される音響パワーと基準音響パワーとの比を求め,dB 値で表示するものである。

⑵ 無響室において測定する場合は,音源の中心を原点とする半径 r の球面上に20 点の測定点が規定される。

⑶ 半無響室において測定する場合は,床面から高さ 1 m の位置に設置した音源の中心を原点とする半球面上に 10 点の測定点が規定される。

⑷ 残響室において測定する場合は,残響室内の 6 点以上の 1/3 オクターブバンド音圧レベルの平均値と残響時間を求める。

⑸ 一般の音場においても,半無響室法又は残響室法に準じて音響パワーレベルを測定することができる。

解説

半無響室において測定する場合は,床面に音源を設置します。

音響パワーレベルの測定方法の問題は時々出題される程度なので、個人的には余裕があれば覚えたいくらいの内容です。

解答 3

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問16問題 JIS Z 8731:2019“環境騒音の表示・測定方法”に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ この規格は,I...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問14問題 FFT 方式の分析に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ サンプリング周波数により,分析上限周波数が決まる。 ...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母