公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問23

問題

防振装置設置の一般的な注意事項に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 防振装置取り付けにより周囲と相対変位が生じるため,作業床と機械間の変位緩衝部に隙間を設ける。

⑵ 機械の周囲に配置する作業床は,作業者,運搬車等の荷重条件を満たすように補強する。

⑶ 基礎の形状,寸法は,メンテナンス作業を十分考慮して決定する。

⑷ 機械と外部との接続部は,すべて動変位可能にする。

⑸ 防振装置取り付け後の距離減衰は大きくなる。

解説

振動の距離減衰は、以下の関係式があります。

L=L-20nlogr/r0-8.7λ(r-r0)

この公式はよく出るので覚えておいてください。

この式の内、λは地盤の内部減衰係数と呼ばれ、以下の式で表されます。

λ=2πfh/V

f:振動数

h:土の内部減衰係数

V:伝搬速度

防振装置を取り付けると振動数は減少しますので、λも減少します。

したがって、距離減衰も小さくなります。

 

式で考えると複雑ですが、イメージとしては、小刻みな波は伝わりにくく、ゆったりとした波は遠くまで伝わるような感じになります。

解答 5

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問24問題 工場内のある特定の機械を運転したときの振動に対して,付近の住民から振動公害の苦情が発生した場合,その防止対策において最も不要な調...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問22問題 ダンパに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ ハンマ,プレスなどの衝撃加振に対しては,振動を減衰させる。 ...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母