公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問5

問題

点音源とみなせる 1 台の機械が屋外に設置されている。機械と受音点との間に十分に長い塀を設置したところ,周波数 1 kHz で 20 dB の減衰量が得られた。周波数 250 Hz での減衰量は,約何 dB か。ただし,音速は 340 m/s とし,塀からの透過音及び地表面での反射音は無視できるものとする。

⑴ 10

⑵ 12

⑶ 14

⑷ 16

⑸ 18

解説

防音壁による減衰量Rは、以下の式で求められます。

R=10logN+13

Nはフレネル数と言い、音源と受音点の距離について、直線距離と防音壁を経由した距離の経路差δを半波長で割った数字です。

 

まず、1kHzのときのフレネル数N1kを求めます。

この時の減衰量は20dBなので、減衰量Rの式に代入します。

20=10logN1k+13

logN1k=0.7

対数表より、N1k=5.01

音速cは、340m/sと与えられています。

音速c=波長λ×周波数fから、λ=340/1000=0.34

半波長λ/2=0.17

N=δ/λ/2から、

δ=N1k×λ/2=5.01×0.17=0.85

 

次に、250Hzのときの波長は、340/2501=1.36から、半波長は0.68となります。

N250=0.85/0.68=1.25

R=10log1.25+13=10×0.097+13=14dB

解答 3

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問6問題 下図のように,騒音源と受音点の間のa~eのいずれかの位置に,遮音塀を 1枚設置する。これらの位置のうち,塀による減音効果が最も大...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問4問題 反射が無視できる空間にある地表面上に,直径 20 cm の半球状の騒音源がある。この騒音源の表面から法線方向に 1 m 離れた点...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母