R2騒音・振動

R2 騒音・振動特論 問7

問題

拡散音場とみなせる部屋に音源が一つあり,その室内の平均音圧レベルが78 dB である。室内の全表面積が 200 m2,平均吸音率が 0.4 のとき,音源の音響パワーレベルは約何 dB か。

⑴ 88

⑵ 91

⑶ 94

⑷ 97

⑸ 100

解説

室内の平均音圧レベルLpと音響パワーレベルLwは、以下の関係式があります。

Lp=Lw+10log4/A

A:等価吸音面積(表面積×平均吸音率)

問題文の条件を代入します。

78=Lw+10log4/(200×0.4)

Lw=78-10log4/(200×0.4)=78-10log20=78+13=91dB

解答 2

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問8問題 吸音材として用いられる多孔質材料に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 多孔質材料は,高音域で吸音率が大きくなる...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問6問題 下図のように,騒音源と受音点の間のa~eのいずれかの位置に,遮音塀を 1枚設置する。これらの位置のうち,塀による減音効果が最も大...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です