公害防止管理者

H29 騒音・振動概論 問8

問題

騒音源に関する以下の説明で,誤っているものはどれか。

⑴ 工場及び事業場においては,多様な機械類が音源になるので,その騒音の特徴は様々である。

⑵ 近隣騒音(生活騒音)は種々雑多であり,50 dB 程度以下の騒音レベルであっても苦情が発生することがある。

⑶ 鉄道騒音は,その発生が間欠的であることが特徴である。

⑷ 建設工事では低騒音型機械を使用することが多いので,騒音苦情は発生しない。

⑸ 高速道路や幹線道路から発生する自動車騒音が生活環境に及ぼす影響を改善することは,都市部のみならず全国に共通する課題となっている。

解説

毎年の苦情統計で一番多いのは騒音であり、その内建設工事の割合が多くなっています。低騒音型であっても、日常で感じる音に比べれば、かなり大きい音が発生します。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動概論 問9問題 周波数 1 kHz の次の純音のうち,音圧が最大であるものはどれか。 ⑴ 音の大きさが 1 sone ⑵ 音の大きさ...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母