R1騒音・振動

R1 騒音・振動特論 問7

問題

壁面に垂直に入射する630Hzの騒音を、波長に比べて十分薄い多孔質材料によって吸音する場合、最大の吸音率が得られる、壁面と多孔質材料との間の空気層の厚さは約何mmか。ただし,音速は340m/sとする。

⑴ 0(密着)

⑵ 135

⑶ 200

⑷ 270

⑸ 340

解説

最大の吸音率が得られる空気層の厚さは、波長/4で求められます。

問題文から波長は、340m/s÷630Hz=0.54m

空気層厚さ=波長/4=0.54/4=0.135m=135mm

正解.2

次の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問8問題 工場建屋外壁内面に音が入射しており、その音圧の瞬時値p(t)(Pa)が次式で表せるとする。 p(t)=0.7sin500π...

前の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問6問題 面積が24m 2 の壁がある。この壁に、下図のように、面積が2m2 の窓を2つ、 2m 2のドアを1つ取り付けたい。それらの音響...

目次に戻るよ~♪

R1 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。