R1騒音・振動

R1 騒音・振動概論 問8

問題

工場及び事業場による騒音に関する記述として、誤っているものはどれか。

⑴ 騒音規制法の対象となっている機械の騒音レベルは、機械から距離1mで90dB以上となることがある。

⑵ 深夜営業及びカラオケ等の事業活動に伴って発生する騒音は、隣接する住民等の生活環境に影響を与えることがある。

⑶ 発生する騒音の特徴は、衝撃性、発生頻度、発生時間等において様々である。

⑷ 隣接する住民等への騒音対策には、騒音源から敷地境界線までの距離を大きくとる方法がある。

⑸ 製造業を発生源とする苦情件数は、建設業を発生源とするものより多い(平成28年度総務省公害等調整委員会調べによる) 。

解説

建設業つまり工事現場の苦情の方が、製造業つまり工場からの苦情よりも多くなっています。

正解.5

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です