公害防止管理者

R1 騒音・振動概論 問8

問題

工場及び事業場による騒音に関する記述として、誤っているものはどれか。

⑴ 騒音規制法の対象となっている機械の騒音レベルは、機械から距離1mで90dB以上となることがある。

⑵ 深夜営業及びカラオケ等の事業活動に伴って発生する騒音は、隣接する住民等の生活環境に影響を与えることがある。

⑶ 発生する騒音の特徴は、衝撃性、発生頻度、発生時間等において様々である。

⑷ 隣接する住民等への騒音対策には、騒音源から敷地境界線までの距離を大きくとる方法がある。

⑸ 製造業を発生源とする苦情件数は、建設業を発生源とするものより多い(平成28年度総務省公害等調整委員会調べによる) 。

解説

建設業つまり工事現場の苦情の方が、製造業つまり工場からの苦情よりも多くなっています。

正解.5

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母