公害防止管理者

R1 騒音・振動概論 問9

問題

主要な騒音源に関する記述として、誤っているものはどれか。

⑴ 生活騒音は種類、発生頻度、音質等が種々雑多であり、50dB以下の騒音レベルであっても苦情が発生することがある。

⑵ 特定建設作業の騒音の規制に関する基準の値は、特定建設作業の場所の敷地の境界線において75dBである。

⑶ 鉄道騒音の主要な発生原因として、車輪とレールの摩擦及び衝撃などがある。

⑷ 高速の新幹線鉄道では、空力音の影響によって騒音が発生する。

⑸ 航空機騒音は、その音が非常に強大であり、上空で発生するため、影響も広 い範囲にわたる。

解説

特定建設作業とは、工事現場などの重機で出力が大きいものを使用する作業のことを言います。

特定建設作業の騒音規制基準は85dBです。ちなみに振動は75dBです。

解答 2

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母