公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問25

問題

振動規制法等による振動レベルの決定方法に関する記述として、正しいものはどれか。

⑴ 工場振動では、振動レベルの時間変動の形にかかわらず、一定時間間隔で測定した振動レベルの平均値とする。

⑵ 建設作業振動では、振動レベルの時間変動の形にかかわらず、一定時間間隔で測定した振動レベルの最大値とする。

⑶ 新幹線鉄道振動では、上り及び下りの列車を合わせて、原則として連続して通過する20本の列車について、通過列車ごとの振動のピークレベルを読み取り、レベルの大きさが上位半数のものを算術平均する。

⑷ 道路交通振動では、大型自動車通行時の振動レベルを20台分について測定して、レベルの大きさが上位10台の算術平均とする。

⑸ 地下鉄振動では、トンネル直上で上下合わせて通過する車両の20本の列車の振動レベルを測定して、その算術平均とする。

解説

⑴ 工場振動では、振動レベルの時間変動の形によって、変動が無ければ指示値、一定の周期的な最大値なら最大値の平均値、変動が不規則なら80パーセントレンジの上端とします。

⑵ 建設作業振動でも工場振動場合と同様です。

⑶ 新幹線鉄道振動は問題文のとおりです。

⑷ 道路交通振動では、80パーセントレンジの上端を時間区分ごとに平均した値とします。

⑸ 地下鉄振動に関しての測定方法は特に定めがないと思います。

正解.3

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母