公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問26

問題

振動規制法による測定に関する記述として、正しいものはどれか。

⑴ 使用する振動レベル計は、計量法の条件に合格していないものでもよい。

⑵ 道路交通振動の測定は、道路の敷地境界線で、水平方向について行う。

⑶ 特定建設作業の振動の測定は、作業場所の敷地境界線で、鉛直方向について行う。

⑷ 特定工場等の周辺の住民から振動の苦情が発生している場合には、住民の家屋近傍での測定値を規制基準と照合する。

⑸ 振動レベルが不規則かつ大幅に変動する場合は、時間平均振動レベルを算出 する。

解説

⑴ 使用する振動レベル計は、計量法の条件に合格していなければなりません。

⑵ 道路交通振動の測定は、道路の敷地境界線で、鉛直方向について行います。

⑶ 問題文のとおりです。

⑷ 規制基準は工場の敷地境界にかかるので、家屋近傍の測定値は規制基準とはみなせません。

⑸ 振動レベルが不規則かつ大幅に変動する場合は、時間振動レベルの80パーセントレンジ上端を算出 します。

正解.3

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母