R1騒音・振動

R1 騒音・振動特論 問26

問題

振動規制法による測定に関する記述として、正しいものはどれか。

⑴ 使用する振動レベル計は、計量法の条件に合格していないものでもよい。

⑵ 道路交通振動の測定は、道路の敷地境界線で、水平方向について行う。

⑶ 特定建設作業の振動の測定は、作業場所の敷地境界線で、鉛直方向について行う。

⑷ 特定工場等の周辺の住民から振動の苦情が発生している場合には、住民の家屋近傍での測定値を規制基準と照合する。

⑸ 振動レベルが不規則かつ大幅に変動する場合は、時間平均振動レベルを算出 する。

解説

⑴ 使用する振動レベル計は、計量法の条件に合格していなければなりません。

⑵ 道路交通振動の測定は、道路の敷地境界線で、鉛直方向について行います。

⑶ 問題文のとおりです。

⑷ 規制基準は工場の敷地境界にかかるので、家屋近傍の測定値は規制基準とはみなせません。

⑸ 振動レベルが不規則かつ大幅に変動する場合は、時間振動レベルの80パーセントレンジ上端を算出 します。

正解.3

次の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問27問題 振動ピックアップの設置に関する記述として、誤っているものはどれか。 ⑴ 振動ピックアップの傾きが目視で確認できるほど大きい...

前の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問25問題 振動規制法等による振動レベルの決定方法に関する記述として、正しいものはどれか。 ⑴ 工場振動では、振動レベルの時間変動の形...

目次に戻るよ~♪

R1 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。