公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問8

問題

工場建屋外壁内面に音が入射しており、その音圧の瞬時値p(t)(Pa)が次式で表せるとする。

p(t)=0.7sin500πt

ここで、tは時間(s)である。

外壁の面密度が16kg/m2 である場合、外壁外面から放射される音の音圧レベルは約何dBか。ただし、壁の音響透過損失 TL(dB)は次式で求める。

TL =18log(mf )-44

ここで、mは面密度(kg/m2)、fは周波数(Hz)である。

⑴ 67

⑵ 70

⑶ 73

⑷ 76

⑸ 79

解説

音圧の瞬時値は、p(t)=Asinωt=Asin2πftと表されます。

A:振幅(瞬時音圧)

ω(=2πf):角周波数

t:時間

これと、問題文の式を比較します。

A=0.7Pa

0.7sin500πt=Asin2πft

500πt=2πft

f=250Hzが求まります。

 

次に音圧レベルLを求めます。

瞬時音圧0.7Paから音圧実効値pは、

p=A/√2=0.7/1.41=0.495Pa

音圧実効値から音圧レベルLは、

L=20log(p/p0)=20log(0.495/2×10^-5)=87.9dB

 

周波数250Hzと面密度16kg/m2を音響透過損失TL の式にあてはめて、

TL =18log(mf )-44=18log(16×250)-44=20.8(dB)

 

以上より、87.9-20.8=67dBが答えとなります。

私が実際の試験を解いたときは、瞬時値から実効値を求めていなかったため、誤答となりました。実効値が絡む問題は振動の分野に多いので、騒音でも関係することを思い出せなったようでした。

正解.1

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母