公害防止管理者

R2 騒音・振動概論 問15

問題

音波の減衰に関する記述中,(ア)~(エ)の の中に挿入すべき数値の組合せとして,正しいものはどれか。

自由空間内に出力 P(W)の点音源があるとき,波面は球面となる。点音源を中心とする半径 r1,r2(m) の二つの球面上の音の強さは,それぞれ

P/(ア) πr12 ,   P/(イ)πr22   (W/m2

であり,両者の音圧レベルの差は,

(イ) × log10 r1/ r2   (dB)

である。

また,自由空間内に単位長当たりの出力 P(W)の線音源があるとき,波面は円筒面となる。線音源を軸とする半径 r1,r2(m)の二つの円筒面上の音の強さは,それぞれ

P/(ウ)πr1 ,   P/(ウ)πr2   (W/m2

であり,両者の音圧レベルの差は,

(エ) × log10 r1/ r2   (dB) である。

(ア)―(イ)―(ウ)―(エ)

⑴ 4 ― 20 ― 2 ― 10

⑵ 2 ― 10 ― 2 ― 10

⑶ 4 ― 20 ― 4 ― 20

⑷ 2 ― 10 ― 4 ― 20

⑸ 4 ― 10 ― 2 ― 10

解説

設問前半部分に記載されている、自由空間内の点音源に関する音の強さは頻出事項です。

音源から倍の距離になったとき、点音源、線音源では、それぞれ何デシベルずつ減少するかという問題はよく出ます。

この問題の式に倍距離(r2→2r1)を代入すれば、求めることができます。

・点音源

20×log2r1/r1=20×log2=20×0.3=6(dB)

・線音源

10×log2r1/r1=3(dB)

解答 1

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問16問題 音波の重ね合わせに関する記述中,(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 二つの音波の (ア...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問14問題 音圧レベル 88 dB の音の音圧の実効値は,約何 Pa か。 ⑴ 0.5 ⑵ 0.7 ⑶ 1.0 ⑷ ...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母