公害防止管理者

R2 騒音・振動概論 問21

問題

建設作業振動に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 多くは,短期的で一過性のものである。

⑵ 場所の代替性がなく,エネルギーが大きく,集中的かつ衝撃的である。

⑶ 一般的に地表面における振動レベルは,鉛直振動より水平振動の方が大きい。

⑷ 施工方法や建設機械の種類によって大きさが異なるだけでなく,その作業状況や施工条件等によっても大きく変動する。

⑸ 振動苦情の要因として,事前の周辺への説明不足などから,工事に対して近隣住民が感情的になっていることの影響も考えられる。

解説

振動の規制基準が鉛直方向のみ規定されていることからもわかるとおり、水平方向より鉛直方向の方が地表面での振動レベルは大きくなります。

解答 3

 

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問22問題 人体の振動感覚に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 振動が人体の特定の部位に直接作用することによって,振動によ...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問20問題 振動公害の発生源に関する記述として,誤っているものはどれか(環境省,2015(平成 27)年度から 2017(平成 29)年度の...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母