公害防止管理者

R2 騒音・振動概論 問25

問題

均質な地盤の 1 点を正弦加振した場合,振動源から離れるほど地表の振動は小さくなる。振動の距離減衰は,広がりによる減衰(幾何減衰)と,地盤の媒質そのものによる減衰(内部減衰)との組合せで表される。

いま,振動数 5 Hz の表面波が伝搬速度 100 m/s で,内部減衰 0.2 dB/m をもつ地盤を伝搬するとすれば,振動源から2 波長離れた点の振動レベルは,10 m 離れた点の値より約何 dB 小さくなるか。

⑴  6

⑵ 12

⑶ 18

⑷ 24

⑸ 30

解説

振動の減衰Lは、以下の式で表されます。

この式で、logの項は幾何減衰、λの項は内部減衰を表しています。

L=L0-20nlog(r/r0)-8.7λ(r-r0)

L0:基準点の振動レベル

n:幾何減衰係数

r:加振点からの距離

r0:加振点から基準点の距離

λ:内部減衰係数

 

振動源から2波長離れた点の振動レベルを問われているので、その点の距離を求めます。

伝搬速度c=振動数f×波長λから、

λ=100/5=20m

つまり、その2倍で40m地点の振動レベルを求めます。

 

・幾何減衰

問題文に「表面波」と記載されていますので、幾何減衰係数nは、0.5になります。

これと、測定点の距離40mをlogの項に代入します。

幾何減衰=20×0.5×log(40/10)=10×log4=10×2log2=20×0.3=6dB

・内部減衰

問題文に内部減衰は0.2dB/mとありますので、距離40mと10mでそれぞれの内部減衰を求めます。

0.2dB/m×40m=8dB

0.2dB/m×10m=2dB

つまり、10mから40mになることにより、6dB減衰されています。

 

以上から、幾何減衰6dBと内部減衰6dBを合計し、12dBとなります。

解答 2

 

目次に戻るよ~♪

R2 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-r2-souon-shindou-gairon-1/ https:...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動概論 問24問題 おもりの質量を m,ばねのばね定数を k,ダンパの減衰係数を c とする 1 自由度の振動系に調和振動外力 F が加わる場合の記...

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母