R3騒音・振動

R3 騒音・振動特論 問28

問題

ホワイトノイズ及びピンクノイズをオクターブ,1/3 オクターブバンド分析または FFT 分析した結果に関する記述として,誤っているものはどれか。 

⑴ ホワイトノイズに対する FFT 分析結果は,周波数に対して平たんな特性と なる。 

⑵ ホワイトノイズに対して,オクターブバンドを通過したバンドレベルは,同じ中心周波数の 1/3 オクターブバンドレベルより約 5 dB 大きい。 

⑶ ホワイトノイズに対するオクターブバンド分析結果は,中心周波数が 2 倍になると,バンドレベルは約 3 dB 大きくなる。 

⑷ ホワイトノイズに対する 1/3 オクターブバンド分析結果は,中心周波数が 2 倍になると,バンドレベルは約 1 dB 大きくなる。 

⑸ ピンクノイズに対するオクターブバンド分析結果は,周波数に対して平たんな特性となる。 

解説

ホワイトノイズに対する 1/3 オクターブバンド分析結果は,中心周波数が 2 倍になると,バンドレベルは約 3 dB 大きくなります。

ホワイトノイズは、どの周波数帯でも同じだけの音圧が含まれるような音です。

周波数が2倍になると周波数帯の幅も2倍になり、音圧レベルは3デシベル増加します。

 


解答.

4


次の問題だよ~♪

R3 騒音・振動特論 問29問題 工場敷地境界線における鉛直振動をオクターブバンド分析したところ,下表の結果を得た。防振対策により,16 Hz の振動加速度レベル...

前の問題だよ~♪

R3 騒音・振動特論 問27問題 周波数分析器に関する記述として,誤っているものはどれか。  ⑴ 周波数分析器のフィルタは,定比帯域幅形と定帯域幅形に大別される...

目次に戻るよ~♪

R3 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r3-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。