公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問17

問題

振動防止技術に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 衝撃による運動量の変化が一定であるとき,物体に作用する時間を長くすることにより,衝撃力を小さくすることができる。

⑵ 加振力が重心から離れた点に作用すると,重心まわりに 6 自由度の運動が発生する。

⑶ 回転体のバランスをとるには,静的釣り合いと動的釣り合いを考慮する。

⑷ 往復質量の慣性力は,速度に比例する。

⑸ 弾性支持を行うと,振動の距離減衰の勾配は緩やかになる。

解説

力の運動方程式は、以下のとおりです。

F=ma

F:力

m:質量

a:加速度

つまり、力は、加速度に比例します。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問18問題 弾性支持における振動伝達率τに関する記述として,誤っているものはどれか。 ただし,f0は減衰がないときの弾性支持系の固有振...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問16問題 JIS Z 8731:1999“環境騒音の表示・測定方法”に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ この規格は,I...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母