公害防止管理者

H30 騒音・振動特論 問6

問題

一辺が1mの正方形の窓があり,音響透過損失が30dBのガラスが入っている。この窓の周りに一様な幅の隙間があるとき,隙間を透過する音響パワーがガラスを透過する音響パワーと等しくなる隙間の幅は約何mmか。ただし,隙間の音響透過損失は0dBとする。

⑴ 0.0625

⑵ 0.125

⑶ 0.25

⑷ 0.5

⑸ 1

解説

音響透過損失TLは以下の式で計算されます。

TL=10log1/τ

τ:透過率

この式から、τ=1/(10^(TL(10))=1/(10^(30/10))=10^‐3となります。

つまり、窓を透過するとパワーが1/1000になります。

隙間からの透過損失はないことから、隙間が窓の1/1000倍になれば、透過分と等しくなります。

窓は1辺が1mなので、隙間は1/1000m=1mmあれば良いことになります。

周りに隙間が均等にあることから、0.25mmが1辺の隙間になります。

解答 3

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問7問題 吸音機構に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 多孔質材料の吸音率は,低音域に比べて高音域で大きくなる。 ...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問5問題 ダクト断面が一辺500mmの正方形の開口から,音圧レベル100dBの音が放射されているとき,このダクトの途中に厚みが50mm,吸...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母