公害防止管理者

R1 騒音・振動概論 問2

問題

騒音規制法に規定する特定施設の数の変更の届出が必要なものはどれか。

⑴ 抄紙機を16台から10台に減らす場合

⑵ 原動機の定格出力が3.75キロワットのせん断機を5台から10台に増やす場合

⑶ 矯正プレスを1台から3台に増やす場合

⑷ 原動機を用いる印刷機械を現在の2台から5台に増やす場合

⑸ 原動機の定格出力が7.5キロワットの空気圧縮機6台のうち3台を廃棄し2台新たに設置する場合

解説

騒音規制法で数の変更の届け出が必要なのは、「種類ごとの数が倍を超える」場合です。

選択肢で倍を超える(2倍+1以上)増加をしているのは、3と4です。

3の矯正プレスについては、特定施設に該当しないため、正解は4となります。

正解.4

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母