R5騒音・振動

R5 騒音・振動概論 問11

問題

等価騒音レベルに関する記述として,誤っているものはどれか。

(1) 環境騒音や道路交通騒音などの評価に広く使用されている。

(2) 騒音のエネルギの時間変動に基づく評価量である。

(3) 主観的評価や住民反応との対応が優れている。

(4) 長時間(例えば,10 分, 1 時間など)騒音の評価にも使用されている。

(5) 等エネルギ則に従う評価量である。

解説

等価騒音レベルは、エネルギーの時間平均に基づく評価量となります。

その他、問題文の事項も前提として知っておくべき内容なので、よく読んでおきましょう。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問12問題 聴力検査に関する記述として,誤っているものはどれか。 (1) 聴力検査に使用される機器は,オージオメータと呼ばれる。 (2)...

前の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問10問題 下図は,ヒトの耳の構造を示したものである。図中の1~12のうち,著しく強大な衝撃音に暴露されたときに最も障害を受けやすい聴覚部位...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-gairon-1/ https:...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です